本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
生活クラブのインターネット注文 eクラブ
6月2回 A週
6月2回 A週
注文締切
6/3(月)6/8(土)
配達予定
6/10(月)6/15(土)
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > 春の筑前煮
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。
ここから組合員向けメニューです。
組合員向けメニューここまで。
ここから本文です。

春の筑前煮

完成写真

たけのこと絹さやで春らしく。子どもも大人もほっとする味わい

材料

8人分/1人分:191kcal 塩分0.8g

  • 人参 1本(200g)
  • レンコン 200g
  • たけのこ水煮カット 1袋
  • 乾しいたけ 30g
  • 絹さや 1袋(30g)
  • 里芋 500g
  • 鶏肉モモ 300g
  • 国産ブレンドなたね油 大さじ1/2
  • グループ 万能つゆ 大さじ4 みりん風醸造調味料 大さじ2

つくり方

調理時間30分※

  • 1 人参とレンコンは乱切りにする。たけのこは食べやすい大きさに切る。乾しいたけは水でもどして(もどし汁はとっておく)、石づきを取り一口大に切る。絹さやは筋を取り、さっと塩ゆでして斜め半分に切る。
  • 2 里芋はよく洗って泥を落とし、水から10分ほど下ゆでする。水で冷やして皮をむき、食べやすい大きさに切る。鶏肉は解凍して一口大に切る。
  • 3 鍋になたね油を熱し、鶏肉を炒める。肉の色が変わったら、人参、レンコン、たけのこ、しいたけ、里芋を加えてさっと炒める。
  • 4 全体に油がまわったら★、しいたけのもどし汁1カップを加え、落しぶたをして20分煮る。
  • 5 器に盛り、絹さやをそえる。

コツ・ポイント

乾しいたけの戻し汁は、煮物や汁物に活用できる。軸の部分も固いところ以外は食べられるので、手で細く裂いて具に使うことができる。里芋は皮つきのままゆでると皮が剥きやすく、栄養分が流出しにくくなる。 ※調理時間は解凍時間、しいたけのもどし時間を除く

このレシピで使われている消費材

星四つ (32) 件のレビュー
注文番号:000602 主な配達日6月10日~6月15日
星四つ (17) 件のレビュー
注文番号:000177 主な配達日6月10日~6月15日
星三つ (52) 件のレビュー
注文番号:000341 主な配達日6月10日~6月15日
星四つ (41) 件のレビュー
注文番号:000611 主な配達日6月10日~6月15日
星四つ (7) 件のレビュー
注文番号:000594 主な配達日6月10日~6月15日

このレシピに関連する消費材

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
↑ PAGE TOP
共通フッターメニューここまで。