本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
生活クラブのインターネット注文 eクラブ
6月5回 A週
6月5回 A週
注文締切
6/21(月)6/26(土)
配達予定
6/28(月)7/3(土)
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。


【eくらぶ限定連載】
中村暁野さんに聞きました!気持ちのいい暮らしのヒント

中村暁野さん

地球にやさしく使い続けられる品目であること、自分にとって使いたくなる理由のある品目であること…。
生活クラブの品目にはサステイナブル(持続可能)なヒントがたくさん。
あなたにとっての「サステイナブル」で「気持ちのいい暮らし」とは何ですか?
今回は生活クラブの消費材を取り入れた暮らしを発信している組合員、編集者・エッセイストの中村暁野さんにお話をうかがいました。

家族をテーマに、雑誌の企画・編集やエッセイの執筆を手掛ける中村暁野さん。
自然豊かなご自宅での暮らしぶりや家族のあり方、消費や環境問題についての気づきなどが多くの人々の共感を呼んでいます。
 

中村暁野さん

編集者・エッセイスト
中村暁野(なかむらあきの)
さん

神奈川県在住。自然豊かな環境で夫と2人の子どもとの4人暮らし。
家族と一年誌「家族」の編集長、エッセイストとして活躍中。

 

食生活を見直す意味もこめて始めた生活クラブ

マキさん

-生活クラブを始めたきっかけと、選んだ理由をおしえてください。


子どもが生まれる前からの組合員なので、生活クラブを始めてからもう10年以上になります。今は食べるものに気を使っていますが、当時は私も夫も食にあまり関心がなく、そのせいか二人して風邪気味などと体調が悪いことが多くて。「これではいけない」と、食生活を見直す意味も込めて生活クラブを始めました。

私は、昔から毎日使うものはできるだけ作り手の顔が見えるものを選びたいと思っていました。生活クラブの消費材はおいしいうえに、生産者や原材料がわかるので、その点でも気に入っています。

 

料理やお菓子作りに大活躍 中村さんの「基本の油」

マキさん

撮影:西 希


-数ある消費材のなかでも「国産ブレンドなたね油」がお気に入りとのことですが、どんなきっかけで使い始めたのですか?


子どもが小さい頃、おやつを手作りしようと思って本に載っていたレシピを見たら、材料になたね油を使っているものが多かったんです。市販品をいくつか使ってみたのですが、これだ!というものになかなか出会えませんでした。そんな時、生活クラブのカタログで「国産ブレンドなたね油」を見つけました。ためしに注文してみたら、すごく使いやすくて。それからは欠かさず注文しています。


-なたね油のどんな所が使いやすいと思いますか?

万能なところですね。さらりとしていて味にクセがないので、料理はもちろん、朝食やおやつに食べるマフィンやスコーン、ケーキなどを作るのにも重宝しています。また、すりごまやニンニクを入れてごま油の代わりにしたり、ハーブや岩塩を加えてサラダやパスタにかけたりと使いまわしがきくのも嬉しいですね。「国産ブレンドなたね油」さえあれば安心。切らしてしまうと、料理もおやつも作れないというくらい我が家の“基本の油”です。


-すりごまやニンニク、ハーブを入れるなど、思い立ったらすぐにできるのが特徴的ですね。これらは、育児と仕事を両立する日々の中で生まれた工夫なのでしょうか?
 

そのことは、あまり意識していませんでした。私はレシピどおりに料理を作るのが苦手で、特定の料理を作るために材料を揃えるということもあまりしません。それよりも食材の旬や季節感を大事にしたいんです。「国産ブレンドなたね油」自体がおいしいので、季節の野菜や食材と合わせていたら自然と満足感のある一品が出来上がっていたという感じです。

マキさん


-十歳の娘さんも国産ブレンドなたね油を使って、ケーキを焼くことがあるとか。

「国産ブレンドなたね油」に小麦粉と素精糖とアルミニウムフリーのベーキングパウダーを混ぜて焼くだけの簡単なものですが、“この四つさえあれば、自分でケーキを作れる”という感覚を大事にしてほしいです。その感覚があれば、ちゃんと本を見てつくることもできるようになるし。料理ってそのぐらい気軽でいいんじゃないかなと思います。


-先ほど、「毎日使うものはできるだけ作り手の顔が見えるものを選びたい」とおっしゃっていました。「国産ブレンドなたね油」についてお子さんと話をすることはありますか?


そうですね。子どもとスーパーに行くと、「なたね油はここにもあるけれど、どうしてこっちを選ばないの?」と聞かれることがあります。そういう質問が出たら、「チャンス!」とばかりに身を乗り出して、原材料の一部に国産のナタネを使っていることや手間ひまをかけて作られていることを説明しています。 自分たちが気軽に手にしているモノの向こうには、それを作っている人の生活や苦労、努力がある。そのことを知ると感謝の念がわくし、大切に食べようという気持ちも生まれると思います。

マキさん  


 

中村暁野さんのおすすめ!なたね油レシピ

「国産ブレンドなたね油」をドレッシングやケーキなど幅広く使いこなしている中村さん。特によく作っているというおすすめのレシピをうかがいました。
 

サラダ


「野菜をもりもり食べられる、さっぱり味のドレッシングです。なたね油をベースに、万能つゆと純米酢をまぜるだけ」(中村さん)

        レシピを見る!        
タルト


「小麦粉と素精糖となたね油を混ぜて焼くだけのタルト。気軽に作れる、家族に人気のレシピです」(中村さん)

        レシピを見る!        
パスタ


「なたね油とにんにく、ローレルを火にかけ、香りと風味を移したオイルに季節の野菜を合わせて楽しんでいます」(中村さん)

        レシピを見る!        

 
 

まだまだ他にも!中村さんのおすすめ品目

豚肉ひき肉
「ハンバーグは豚肉ひき肉100%でつくります」(中村さん)

まぐろスープ煮缶
「コクがあり美味しい!欠かさず注文しています」(中村さん)

生乳100%ヨーグルト
「毎朝食べています。紙パックもお気に入り」(中村さん)

おとうふ揚げ
「娘のお弁当のおかずに大助かりです!」(中村さん)

ころころじゃがいも天
「肉が苦手な娘に練り物は強い味方です」(中村さん)

国産ブレンドなたね油をもっと身近に!

中村さんのおすすめ品目のほか、なたね油で揚げたり焼いたり…手軽に食べられるお惣菜も集めました!
ぜひあなたもお気に入りを見つけてみませんか?


 

サステイナブルフェス!
生活クラブでは現在、“身近な暮らしのサステイナブルなヒント”を探す体験型イベント「サステイナブルフェス!」を開催中です。
詳しくは公式サイトをご覧ください。
 



 

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
↑ PAGE TOP
共通フッターメニューここまで。