本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
6月1回 B週
注文締切
5/27(月)6/1(土)
配達予定
6/3(月)6/8(土)
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。
エビのABC
 

組合員に人気の生活クラブのエビ。
生活クラブでは豊かな自然環境で育ったエコシュリンプとファーマーズシュリンプ、いずれも高鮮度のエビを取り扱っています。プリップリでおいしいエビのヒミツを紹介します。



 

エコシュリンプとファーマーズシュリンプって?

ブラックタイガー
 

クルマエビの近縁種、日本人好みのブラックタイガー

エコシュリンプはインドネシア、ファーマーズシュリンプはベトナムが産地。いずれもクルマエビ近縁種の「ブラックタイガー」という品種です。日本人好みの食べごたえのある大きさとプリッとした歯ごたえのエビで、熱を通すとあざやかな赤色になり、料理に彩りを添えます。



 

生活クラブのエビの育て方

生活クラブのエビが育つまで
生活クラブのエビが育つまで


自然の力を活かしてエビを育てる粗放養殖

エコシュリンプとファーマーズシュリンプは、粗放養殖という方法で育てたエビです。
ふ化場で生まれた稚エビを養殖池に放ち、自然に発生するプランクトンなどをエサに育てます。
エビの病気を防ぐための抗生物質は使いません。食べる人にも、産地の環境にもやさしい養殖方法です。



 

生活クラブのエビが届くまで

グレーズ


氷の膜でエビの食感とうまみをギュッと閉じ込める

どちらのエビもそれぞれの産地で1尾ずつ氷の膜(グレーズ)でおおって凍らせます。これは冷凍保管中の乾燥や酸化を防ぐ大事な保護層。食品添加物を使わずにエビの品質やおいしさを守る工夫です。
冷凍したエビは産地で袋づめして、そのまま組合員宅に届きます。一度も解凍しないので、エビ本来の食感やうまみを逃がしません。



 

簡単!便利な「下ごしらえ済み」のエビ

生活クラブのエビの下ごしらえ
 

手間なしで楽ちん!

エコシュリンプとファーマーズシュリンプには、家庭で簡単に料理できるように「下処理済」のアイテムがあります。それぞれLサイズなので、メインの一皿として十分食べごたえがあります。手間なしですぐ調理できるので、忙しい日にぴったりです。



 

おすすめレシピでおいしく食べましょう!

おすすめエビレシピ
あてはまる消費材はありませんでした。
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
↑ PAGE TOP
共通フッターメニューここまで。