本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
5月2回 B週
注文締切
4/29(月)5/4(土)
配達予定
5/6(月)5/11(土)
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。
生活クラブのエビのABC
 

 組合員に人気の生活クラブのエビ。
 生活クラブでは豊かな自然環境で育ったエコシュリンプ、ファーマーズシュリンプと、いずれも鮮度バツグンのエビを取り扱っています。
 プリップリでおいしいエビのヒミツを紹介します。



 

ベトナムの農家が育てたファーマーズシュリンプ

えびの産地ベトナム

 ファーマーズシュリンプの産地は、ベトナム南端のカマウ省。以前は米を栽培していた農家が、田んぼを池に変えてエビを養殖しています。この地域は池の淡水に海水が交わるところで、おいしいエビが育つことで知られています。

エビの生産者キエンさん

生産者組織代表のキエンさん

 生産者は育て方が明らかな60軒の農家。ふ化場で生まれた稚エビを養殖池に放ち、自然に発生するプランクトンなどをエサに育てています。
 
 生産者組織代表のキエンさんは「エビの病気を防ぐ抗生物質はいっさい使いません」と話します。そのため、養殖池ではカニなど、エビ以外の魚介類も共生しています。



 

収獲から24時間以内に冷凍加工!鮮度が自慢のファーマーズシュリンプ!!

西日本ファーマーズユニオン
西日本ファーマーズユニオン

温度管理をしながらエビを加工する様子

 ファーマーズシュリンプの提携生産者は、(株)西日本ファーマーズユニオン。産地のベトナムで、鮮度のよいエビを生産する体制を整えています。

 生産者が収穫したエビはすぐに氷づめされて集荷場に集められ、品質確認後、ただちに加工工場に運ばれます。工場では生活クラブ専用のエリアで、エビの温度が常に4℃以下になるよう、氷をふんだんに使って品質を保ちながら頭を取るなどの処理をして加工します。

 また(株)西日本ファーマーズユニオンは、現地に子会社を設立。エビの集荷や加工には社員が立ち合い、収獲から冷凍加工を24時間以内に行なうことを徹底しています。これが品質の高くおいしいエビを生産する重要なポイントになっています。

 

もっと詳しく知りたい方へ

ファーマーズシュリンプ ロゴ

生活クラブのエビ ファーマーズシュリンプ

生活クラブ連合会公式サイトでも紹介しています。ぜひこちらも併せてご覧ください。




 

おすすめレシピでおいしく食べましょう!

おすすめエビレシピ
あてはまる消費材はありませんでした。
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
↑ PAGE TOP
共通フッターメニューここまで。